ご注文方法
スペシャルティコーヒー試飲モニター募集
コーヒー豆価格一覧
店舗の所在地
ギフトのご案内
通販法表記
お支払い方法
お試しセット
送料について
オプション商品
トップへ戻る



家族経営のような小規模農園でも、
丹精込めて良質のコーヒー豆を栽培している、
コーヒー作り名人の農園が数多くあります。

栽培量は少ないですが、味は一級品と言う隠れた
名品のコーヒー豆が数多く存在します。
安心・安全で作り手の熱意が伝わってくる!
そんな逸品のコーヒー豆をお届け致します!


■スペシャルティコーヒーとは?■


味わいセット
コーヒーカップ:エルサルバドル(エル・カルメン農園)
コーヒーカップパプア・ニューギニアAA(シグリ農園)
コーヒーカップグァテマラSHB(パンポヒラ農園)



『スペシャルティコーヒー3種の詰め合わせ』
を下記の3つのコースでお届けします。


ご購入受付は、7/19(金)まで承ります。


ご購入はこちらから





レターパック便 ポスト投函でお届けします】

コーヒーカップ『味わいセット』『各100g×3』
ご購入予約頂きますと

通常¥1,793(税込)』が 
¥1,350
(税込¥1,458)

『送料360円』が別途にかかります。

ご購入はこちらから

この商品は『レターパック便』での発送の為、
『ポスト投函』でお届けします。

ご注文の際は、ご自宅の郵便ポストの大きさを
ご確認のうえ『ポスト投函が可能な事を確認してご注文ください』


◇北海道・沖縄にも同一料金でお届けします!◇


【宅配 郵パックでお届けします】

コーヒーカップ『味わいセット』『各200g×3』
ご購入予約頂きますと

通常¥3,456(税込)』が 
¥2,600
(税込¥2,808)

『送料648円』が別途にかかります。


ご購入はこちらから

※但し、北海道・沖縄は
別途送料をご負担願います。



【宅配 郵パックでお届けします】

コーヒーカップ『味わいセット』
『各300g×3』
ご購入予約頂きますと

通常¥5,184(税込)』が 
¥3,700
(税込¥3,996)

『送料648円』が別途にかかります。


ご購入はこちらから

※但し、北海道・沖縄は
別途送料をご負担願います。







エルサルバドル(エル・カルメン農園)

【生産国】 エルサルバドル共和国
【地域】 サンサルバドル、ラ・リベルタード
【農園名】 エル・カルメン農園
【品種】ブルボン・パカマラ種
【精製方法】フルウォッシュド・サンドライ
【規格】 SHG EP
【認証】 RA認証
【その他】 標高1250〜1500メートル

エルカルメン農園は家族経営で5代続く農園です。
最初に南米に持ち込まれたブルボン種のみを栽培する頑固な農園でもあります。

このブルボン種は病気に弱く手間がかかる上に2年に一回しか収穫できないので、周囲の農園はつぎつぎに病気に強い改良種に切り替えましたが、エルカルメン農園だけはブルボン種にこだわっています。

『パカマラ種』は、ブルボン種の突然変異種の「パカス」(Pacas)と「マラゴジッペ」(Maragogype)をかけあわせた品種で、エルサルバドル特有の品種です。

マラゴジッペのように非常に大粒ですが、ゲイシャにも似た素晴らしい香りをもっており、カップオブエクセレンスなどの品評会・オークションでも高い評価を得て近年非常に注目を集めています。

しかし、生産量が少なく、希少な品種となっています。


またこの農園の経営者は環境破壊や森林伐採にも注意をはらっており、環境保護団体の世界的な組織であるレインフォレストアライアンスより指定農園として「認証」されています。

熟した豆のみを丁寧に摘み取り水洗処理を行うことで風味豊かなコーヒーとなり、ブルボン種100%にて日陰栽培することにより完熟実の甘みのある爽やかな酸味を生み出し、力強いコクが特徴となっています。


 パプア・ニューギニアAA(シグリ農園)

【原産地】:パプアニューギニア
【地域】:ウエストハイランド州ワギバレー
【農園名】:シグリ農園
【品種】:アルーシャ・ブルボン・ティピカ

【精製方法】 ウォッシュド・天日乾燥 
【標高】:1600m以上
シグリは西部高地地方ワギ・バレーに1950年代末に開発された大農園。この辺りは「ワギ バレー(谷)」と呼ばれ、標高1500m級の高地になります。

四方を高い山に囲まれているので谷というよりは盆地という感じらしいです。

日中の気温は26〜28℃で夜間は12〜13℃まで下がり、年間降雨量 は2200mmと豊富で、涼しい気候と豊富な降雨に恵まれて、「一日で一年の気候を繰り返す」と言われる気象の変化はコーヒーの生育には理想的な環境です。

もともとの苗はジャマイカから持ち込まれて、その流れのティピカが約65%でその他はブルボン、アルーシャが栽培されています。

まろやかな酸味とコクのある味わいが特徴ですが、更にサンドライから来るのか柔らかな甘味が印象的なコーヒーです。
 

グァテマラSHB(パンポヒラ農園)

【生産国】 グァテマラ  
【農園名】 パンポヒラ農園 
【品種】カツーラ100%
【標高】 1500m以上
【精製方法】ウォッシュド・天日乾燥
『パンポヒラ農園』はグアテマラ西部の高原地帯のソロラ県のSan Lucas Toliman市に位置します。

この農場の歴史は古く、1900年初頭からコーヒーの生産を行っており、1939年に行われた欧州品評会においては優勝をはたしております。

ところが、2010年の火山の噴火に伴い農園は甚大な被害を出してしまいました。

そんな時かねてからこのコーヒー農園の質の高い土壌に注目していたAgropecuaria Atitlan社によって買収され、農園再生のプログラムが実行されました。

大量の岩を取り除き、植え替え作業を行うなど苦労はありましたが、3年の月日を経て、農園は完全に復活しました。

この農園は火山地帯の恵まれた土壌を有し、面積の4割に灌漑設備があり、なおかつ斜面の形状やシェードツリーの数が畝ごとに違っているので 畝ごとに違った環境を造り出しておりMicro Lotに対応しています。

RA認証も取得し、現在も古い樹の植え替えを続けており今後もバラエティーに富んだ豆を増産していく農園です。






この『味わいセット』へのご感想をお待ちしています。
あなたの声をお聞かせ下さい。