ご注文方法
スペシャルティコーヒー試飲モニター募集
コーヒー豆価格一覧
店舗の所在地
ギフトのご案内
通販法表記
お支払い方法
お試しセット
送料について
オプション商品
トップへ戻る



家族経営のような小規模農園でも、
丹精込めて良質のコーヒー豆を栽培している、
コーヒー作り名人の農園が数多くあります。

栽培量は少ないですが、味は一級品と言う隠れた
名品のコーヒー豆が数多く存在します。
安心・安全で作り手の熱意が伝わってくる!
そんな逸品のコーヒー豆をお届け致します!


■スペシャルティコーヒーとは?■

 
スペシャルティコーヒー『300g×3品』のセットを
『得々価格』でご提供しています。


味わいセット
コーヒーカップ:ブラジル・ショコラ(グアリロバ農園) 300g
コーヒーカップパナマ(アンセルミート農園) 300g
コーヒーカップブルンジ(ムミルワ) 300g

¥3,900
(送料サービス)
ポイント数7ポイント進呈

※但し、北海道(\200)・沖縄(\450)は
別途送料
をご負担願います。


ご購入はこちらから


『通常 税込価格¥4,990』のセットが 
→ 
¥3,900ポッキリのお買得セットです。


ご購入受付は、9/19(火)まで承ります。






コーヒーカップブラジル・ショコラ(グアリロバ農園)


【生産国】ブラジル連邦共和国
【農園名】 グアリロバ農園
【年間平均降水量】 1600m
【精製方法】 ナチュラル
【標高】 980〜1150m
【品種】 イエローカツアイ

『ショコラの故郷 』
サンアントニオエステートコーヒー生産者組合

サンアントニオドアンパロを中心に周辺のオリベイロ、カルモデマタ、そしてボンスセッソ、サンフランシスコデパウラに及ぶ20農園(2015年現在)から成り立っています。


 『国際品評会優勝ロット誕生』
組合加盟のグアリロバ農園、2016年優勝!

この度、その国際品評会優勝ロットと同じ農園、単一品種、精選方法で作られたコーヒーをお届けします。

ムンドノーボとカツーラを交配したものがカツアイ。
中南米で広く栽培されて病虫害に強く高収量。

味はブルボンに似てソフト。
果実は赤く熟するものと黄色に熟する(イエローカツアイ)ものがあります。

柑橘系やベリーの香り。
時折、ワインを思わす香りがする。
柔らかい口当たりの中にも質感の良さが感じられます。

パナマ国旗
コーヒーカップパナマ(アンセルミート農園)

【生産国】:パナマ共和国
【収穫地域】チキリ県ボケテ地区
【年間平均降水量】2500〜3000m
【精製方法】 フリィウォッシュド
【標高】1350メートル以上
【品種】ティピカ・カツアイ

『アルセルミート農園』 、ヨーロッパに祖先をもつワトソン氏によって開拓された農園であり、1992年に現在のペレス・バジャダファミリーの手に渡りました。

現在栽培されているティピカ、カツアイ等の木々のほとんどは初代の時期より植えられている昔ながらのものです。

農園内に湧き出る泉は、この地域に貴重な水を供給しており、豊かな環境下で生い茂った森の中には、多様な生物が暮らしています。

中米コスタリカ及び南米コロンビアと陸続きですが、香味はどちらにも属さない独自のものです。

クリーンで滑らかな舌触り、上品で甘味のあるティピカ種ならではの芳醇な味わいは、きっと最後の1滴までの飲みたくなる美味しさに魅了されること間違いなしです。


コーヒーカップブルンジ(ムミルワ


【原産国】:ブルンジ共和国
【産出地域】:ムミルワ地区
【品種】:ブルボン・ティピカ
【精製】:フルウォッシュド

【標高】:1100〜2000m
ブルンジにコーヒーが伝わったのは1933年。
ベルギーの宣教師がレユニオン島から持ち込みました
当初は、ブルボン種のみでしたが、現在ではブルーマウンテン(ティピカ)も栽培されています。
産地はブイェンディ、キリミロ、ムミルワの3エリアがあります。
今回のムミルワはその中でも一番小さい産地で、ルワンダとコンゴの国境沿いにあります。
小規模の農家が殆どで厳しい山岳であるため作業はすべて手作業で行われています。
シェイドツリーの下で栽培され、自然の藻状の植物や枝打ちをした後の葉などを肥料にした
有機栽培的な農法が用いられています

アプリコットや杏を彷彿させる、甘いマイルドないい香り。
口に含むとさらにマイルドな香りが口に広がり、コーヒーというより、果汁を飲んでいるかの様な感覚です。






この『味わいセット』へのご感想をお待ちしています。
あなたの声をお聞かせ下さい。