ご注文方法ボタン
スペシャリティーコーヒー試飲モニター募集
コーヒー豆価格一覧
店舗の所在地
ギフトのご案内
通販法表記
お支払い方法
お試しセット
送料について
オプション商品
トップへ戻る

■スペシャルティコーヒーの定義についてはこちら■


RA認証
エルサルバドル
(エル・カルメン農園)

【生産国】 エルサルバドル共和国
【地域】 サンサルバドル、ラ・リベルタード
【農園名】 エル・カルメン農園
【品種】
ブルボンパカマラ種
【精製方法】
フルウォッシュド・サンドライ
【規格】 SHG EP
【その他】 標高1250〜1500メートル
RA認証


(100g)  (200g) (500g) (1s)
¥540
(税込¥583) 
¥1,040
(税込¥1,123)
¥2,500
(税込¥2,700)
¥4,800
(税込¥5,184)


ご購入はこちらから



エルサルバドルは総面積21,040.79平方キロメ−トル。
我が国の四国に沖縄本島を合わせた面積ないし九州の約半分の面積にほぼ等しい。

パナマ、ベリ−ズを含む中米7か国の中で最も小さく、大西洋岸を持たない唯一の国。

エルサルバドルは農業が国の経済基盤をなしていて、中でもコーヒーは国の輸出農業の約半数を占めています。

小規模な農家が多い地域ですが、「エルサルバドル国立コーヒー研究所」により品質改良やコーヒーに関する研究がされており、最新の技術と知識、資料の豊富さで世界のコーヒー産業の振興にも大いに役立っているのです。

また、SCAA(米国スペシャルティーコーヒー協会)主催のインターネットオークションにも参加し、COE(カップオブエクセレンス)などの最高品質のコーヒーも生産されています。 


オーナーのクリスチアーニ氏
エルカルメン農園は家族経営で5代続く農園です。
最初に南米に持ち込まれたブルボン種のみを栽培する頑固な農園でもあります。

●ブルボン種とは?

ブルボン種はインド洋に浮かぶフランス領ブルボン島(現フランス海外県レユニオン島)に持ち込まれたティピカ種(コーヒー原種に近い)から突然変異により生まれたものです。
香りが高く、コクも強く、上品な酸味はコーヒーの他の品種と比較しても高級品種とされていますが、病虫害に弱く、収穫が2年毎であるため、栽培農家としては手間がかかり収益性は高くありません。

『パカマラ種』は、ブルボン種の突然変異種の「パカス」(Pacas)と「マラゴジッペ」(Maragogype)をかけあわせた品種で、エルサルバドル特有の品種です。

マラゴジッペのように非常に大粒ですが、ゲイシャにも似た素晴らしい香りをもっており、カップオブエクセレンスなどの品評会・オークションでも高い評価を得て近年非常に注目を集めています。
しかし、生産量が少なく、希少な品種となっています。

またこの農園の経営者は環境破壊や森林伐採にも注意をはらっており、環境保護団体の世界的な組織であるレインフォレストアライアンスより指定農園として「認証」されています。

熟した豆のみを丁寧に摘み取り水洗処理を行うことで風味豊かなコーヒーとなり、ブルボン種100%にて日陰栽培することにより完熟実の甘みのある爽やかな酸味を生み出し、力強いコクが特徴となっています。


Rainforest Alliance

レインフォレスト・アライアンスについて

レインフォレストアライアンス(RA)は、米国ニューヨークに本部を置く団体で、1987年地球環境保全のために熱帯雨林を維持することを目的に設立された国際的な非営利団体です。

主な活動は熱帯雨林や野生動物をはじめ、水資源の保護、当地域で働く従業員の労働環境向上を目指しています。

レインフォレスト アライアンスの認証を受けるには、コーヒー農園は次の条件を満たす必要があります。

つまり、森林を守り、川や土や野生生物を保全することと、労働者に対して敬意を示し、まともな額の賃金を払い、作業に必要なものを与え、教育や医療の機会を提供することです。

レインフォレスト・アライアンスの認証マークが意味するのは、その農園が厳しい社会・環境基準を満たし、真の持続可能性に向かって進んでいるということが、経験豊かな検査官によって認められたということです。

すでにRAのトレードマークの《カエル》が付いたコーヒーをご覧になった方も多いと思います。

先進国の消費者は、このマークのついたコーヒーを買うことによって生産国の熱帯雨林の保護にも貢献することになります。