ご注文方法
スペシャルティコーヒー試飲モニター募集
コーヒー豆価格一覧
店舗の所在地
ギフトのご案内
通販法表記
お支払い方法
お試しセット
送料について
オプション商品
トップへ戻る


 

▼『低温焙煎』を考察する!no,2






『低温焙煎』で焙煎されたコーヒー豆の味の最大の特徴は『クリアで濁りのない美味しさ』です。


高温の焙煎方法で焙煎された豆との味の違いは、コーヒーの液体が冷めるにつれて更にハッキリと表れてきます。


『冷めても最後の一滴まで飲みたくなるコーヒー』それが本当に美味しいコーヒーの味わいなのです。

 

『クリアで濁りのないコーヒー』は、液体が冷めても『味が丸く角のない状態』で締まってきますので最後の一滴まで美味しく飲むことができます。


逆に『味に角やクセがあるコーヒー』は、冷めるにつれて『味の角やクセ』が更に強調されてきますので、最後の一滴まで美味しく飲むことが辛くなってきます。


では、そのような味の違いは、どこから生じてくるのでしょう?

それは、焙煎の初期段階で『シッカリと生豆の水抜きが出来ているか否か』で決まります。

シッカリと水抜きが出来ているコーヒーは『生豆のクセが抜けコーヒーの味も完熟した味わいのコーヒー』に煎りあがります。


すなわち『クリアで雑味のないコーヒー』が出来上がります。


そのようなコーヒーは、最初の一口目は『少し薄いかな?』と感じますが、最後まで飲み終えた時には『あー美味しかった』という余韻が残るコーヒーになっています。

私が『浅煎・粗挽コーヒーの美味しさ』に拘る一番の理由はそこにあるのです!




no.3に続く

▼『低温焙煎』を考察する!no,1







◇自家焙煎の店フクモト珈琲◇

http://www.fukumotocoffee.com/

https://www.facebook.com/fukumotocoffee

https://ameblo.jp/gankooyaji-mame/