ご注文方法
スペシャルティコーヒー試飲モニター募集
コーヒー豆価格一覧
店舗の所在地
ギフトのご案内
通販法表記
お支払い方法
お試しセット
送料について
オプション商品
トップへ戻る

■スペシャルティコーヒーの定義についてはこちら■




2/28(日)まで、下記のスペシャルティコーヒーが
期間限定の
『得々価格』でお買い求め頂けます。

『味・コク・香りが一味違う!』
とご好評頂いております
スペシャルティコーヒー
ですが、
まだお試し頂いておられないお客様も
この期間中に是非一度お試しください。

※尚、商品数量に限りがありますので、
完売次第終了となります。
よろしくご了承願います。




タンザニア国旗
タンザニアAA 
(クラシック・キリマンジャロ)

【生産国】タンザニア連合共和国
グレードAA
【生産地】タンザニア北部キリマンジャロ州モシ
【標高】1400m〜1600m
【精製方法】ウオッシュド・100%天日乾燥

近年流通しているキリマンジャロコーヒーは、キリマンジャロ山麓があるタンザニア北部地方産のものは約3割で、ほとんどを南部地方産のものが占めているといわれています。

そこで、「古き良き キリマンジャロコーヒー」を復活させるべく、特別なロットを条件にこだわり作成しました。
『クラシック・キリマンジャロ』はタンザニア北部の中でもキリマンジャロ山麓の地域を指定し、その中でも標高の高い1400m1600mで生産している小規模農家に限定しています。

キリマンジャロコーヒーらしい味わいのロットを厳選し、「古き良きキリマンジャロコーヒー」となっています。
チョコレート系の香り、濃厚なコクがあり、芳醇で甘くて心地よい後味が口の中にいつまでも残ります。

 
(100g)   (200g) (500g) (1s)
通常
価格
¥590
(税込
\637)

 
¥1,140
(税込
\1,231)

¥2,700
(税込
\2,322)

¥5,200
(税込
\5,616)

2/28
までの
『得々価格』
¥500
(税込
¥540)
 
¥960
(税込
¥1,037)
¥2,250
(税込
¥2,430)
¥4,300
(税込
¥4,644)






パプア・ニューギニアAA(シグリ農園)

【生産国】パプア・ニューギニア
【地域】ウエストハイランド州ワギバレー 
【農園名】シグリ農園
【品種】アルーシャ・ブルボン・ティピカ
【標高】1600m以上
【精製方法】ウォッシュド・天日乾燥

 ●シグリ農園

シグリは西部高地地方ワギ・バレーに1950年代末に開発された大農園。
この辺りは「ワギ バレー(谷)」と呼ばれ、標高1500m級の高地になります。
四方を高い山に囲まれているので谷というよりは盆地という感じらしいです。

日中の気温は26〜28℃で夜間は12〜13℃まで下がり、年間降雨量 は2200mmと豊富で、涼しい気候と豊富な降雨に恵まれて、「一日で一年の気候を繰り返す」と言われる気象の変化はコーヒーの生育には理想的な環境です。

もともとの苗はジャマイカから持ち込まれて、その流れのティピカが約65%でその他はブルボン、アルーシャが栽培されています。

この国にコーヒーがもたらされたのは1930年代。本格的に栽培が始まったのは1950年代に入ってからのことです。

輸出用のアラビカ種のコーヒーは主に標高1000〜1200メートルの高地で作られ、鮮やかな原色の袋を頭に巻きつけた女性たちが赤く熟した実を手積みで収穫しています。

完熟チェリーの手摘み、通常より1日多い4日間をかけた水洗発酵工程、たっぷり10日間をかけた天日乾燥、完成豆の二度にわたる卓上手選別など、シグリの奥深いコクと甘味は熱帯の太陽光線による天日干しと高地盆地の環境、厳格な管理によって生まれるのでしょう。

まろやかな酸味とコクのある味わいが特徴ですが、更にサンドライから来るのか柔らかな甘味が印象的なコーヒーです。

(100g)   (200g) (500g) (1s)
通常
価格
¥570
(税込
\616)

 
¥1,100
(税込
\1,188)

¥2,600
(税込
\2,808)

¥5,000
(税込
\5,400)

2/28
までの
『得々価格』
¥480
(税込
¥518)
 
¥920
(税込
¥994)
¥2,150
(税込
¥2,322)
¥4,100
(税込
¥4,428)