ご注文方法
スペシャルティコーヒー試飲モニター募集
コーヒー豆価格一覧
店舗の所在地
ギフトのご案内
通販法表記
お支払い方法
お試しセット
送料について
オプション商品
トップへ戻る


   コーヒー屋店主のつぶやき・・・・


浅煎・荒挽きコーヒーとの出会い (パート1)

こちらのプロフィールで『私、学生のころは紅茶党というかコーヒー好きではなかったのです』と書いていますが・・・・

そんな私が、なぜコーヒー屋としての人生を歩むことになったのか、私事で恐縮ですが、それについてのエピソードを少しお話させてください。

私の学生時代 (かれこれ40年前ですね・・笑) は純喫茶全盛の時代でした。

喫茶店でお茶を飲みながら友達と交流するのが、流行りと言うかハイカラに思えた時代ですね。

コーヒーを注文してブラックで飲むのが通と言うか、どこかカッコ良くて粋な若者と思っていた時代です。
当時、パイプが流行していて、洒落者の友達などは刻みタバコをパイプで吸ったりしていました。
今思うと笑うような光景ですね・・・・(^^)


友達は皆コーヒーを注文するのですが、私はその苦い味が苦手で、なんでこんなものが美味しいと思うのか不思議でした。
なので私はいつも紅茶を注文していました。


そんな私が、卒業後、料理人を目指して勤めたレストランで、喫茶部門を任されてコーヒーに関わる仕事をすることになりました。


コーヒー関連の本を読み漁ってにわか仕込みで得た知識をもとにして、美味しいコーヒーを提供すべく努力しましたが、なかなか満足いくようなコーヒーが提供出来ない日々が続いていました。
コーヒーが美味しいと言われるお店を巡って味の研究もしましたが、どんどん深みにはまって益々混乱するばかりでした。

そんなある日、偶然入ったお店で飲んだコーヒーが初めて"美味しい"思えたのです。
それが人生初めての
、『浅煎・荒挽きコーヒー』との出会いだったのです。



次回に続く・・・・

浅煎・荒挽きコーヒーとの出会い (パート1) 


おいしいコーヒーを売る店フクモト珈琲

フクモト珈琲facebook